<big id="tzfld"><strike id="tzfld"><th id="tzfld"></th></strike></big>

<sub id="tzfld"></sub>

          <meter id="tzfld"><address id="tzfld"><dfn id="tzfld"></dfn></address></meter>

            このページのソリューションはキーサイトの一事業部門であるイクシアによって開発されました。詳細を表示すると、イクシアのウェブサイトに転送される場合があります。

            SDNとNFVソリューションにより、新しいソフトウェア定義データセンターで可視化を維持

            エンタープライズにおけるSDN、NFV、仮想化

            仮想化とSDNは、ネットワークの利用率と敏捷性を飛躍的に向上させます。その一方で、ソフトウェアで定義されるインフラで可視化を実現し、アプリケーションの性能を検証するのは困難な作業になります。

            キーサイトのソフトウェア定義ネットワークソリューションは、ネットワークレベルでの完全な可視化を実現し、仮想化とSDNの導入のテストを可能にします。SDNを使用した広範なネットワークを展開する場合でもSD-WANを展開する場合でも、現実の環境に即したトラフィックでネットワークを確実にテストすることができます。

            エンタープライズにおけるSDN、NFV、仮想化
            サービスプロバイダーにおけるSDN、NFV、仮想化

            サービスプロバイダーにおけるSDN、NFV、仮想化

            仮想化、SDN、NFVの各アーキテクチャーを活用すると、サービスプロバイダーは従来とは比較にならないスケーラビリティと高速化を実現します。その一方で、仮想環境では、アプリケーションの性能を測る可視化を得ることは困難です。

            キーサイトのソリューションは、お客様のSDN/NFVアプリケーションが性能面で期待に確実に応えられるように支援します。また、仮想化されたソフトウェア定義ネットワーク全体で、East/Westトラフィックの盲点を排除し、暗号化されたトラフィックを監視することも可能です。

            ディスアグリゲーションされた可視性の向上

            ネットワークソリューションを分解化することは、オープンスイッチでマルチベンダーのOSを動作させることにつながります。このアプローチは、ソフトウェア定義のデータセンターにおいては非常に高いコスト効率をもたらします。

            ネットワークの分解化がうまくいけば、ネットワーク可視化の要件にも適切な場合があります。ネットワークのエッジレイヤーで展開する場合でも、アグリゲーションレイヤーで展開する場合でも、イクシアのVision Edge OSはお客様のデータセンターに可視化、レプリケーション、ロードバランシング、ダイナミックフィルタリングを効果的に、かつ手頃なコストで提供します。

            ご要望、ご質問はございませんか。