<big id="tzfld"><strike id="tzfld"><th id="tzfld"></th></strike></big>

<sub id="tzfld"></sub>

          <meter id="tzfld"><address id="tzfld"><dfn id="tzfld"></dfn></address></meter>

            キーサイトの業界をリードする5G無線(OTA)チャンバーシリーズは、5Gミリ波製品を市場投入するためのキーサイトのNESソリューションに不可欠なコンポーネントです。 キーサイトの5G OTAチャンバーは、初期のチップセットやデバイスプロトタイプから設計検証、コンフォーマンスやキャリア受け入れまでのデバイス開発ワークフローを統合するよう設計されています。

            キーサイトのチャンバーには、チップセットの立ち上げと検証、プロトコル開発、デバイス無線検証とキャリア受け入れテストのための小型の直接遠方界(DFF)チャンバーが含まれています。 これらのチャンバーは、単一の到来角(AoA)あるいは3つのAoAプローブ構成のいずれかで構成が可能で、FR1/FR2を組み合わせたテスト用のケーブル接続が提供されます。 オプションで極限温度条件(ETC)でのテストがご利用いただけます。

            市場をリードするコンパクト?アンテナ?テスト?レンジ(CATR)は、無線アンテナ性能とRFコンフォーマンステストを測定するための業界で最も正確なチャンバーを提供します。 CATRチャンバーを使用したキーサイトの測定ソリューションにより、3GPPおよびCTIA規格へのデバイスのコンフォーマンステストが可能になります。 構成可能なオプションには、バンド内あるいはスプリアス周波数レンジ、クワイエットゾーン(QZ)サイズの選択、標準および高トルクポジショナー、ならびにETCなどがあります。

            マルチプローブ電波暗室(MPAC)は、不安定な条件下でMIMOや無線リソース管理(RRM)の性能を測定し、デバイスの性能パラメータを確認、検証および強調する手段を提供します。 これらのチャンバーは、さまざまなユースケースをサポートするために、プローブアンテナをさまざまな台数および位置で構成することができます。

            キーサイトの5G OTAチャンバーはネットワークおよびチャネル?エミュレーション?ソリューションとシームレスに統合し、5Gデバイスの性能を包括的に検証します。

            ご要望、ご質問はございませんか。